TOPIKを受ける意義

外国語を学習して、自由に意思疎通ができるようになるには、10年くらいみることになります。となると、その間、学習する環境やモチベーション、学習に関わる様々なことに関して紆余曲折や学習の停滞があるものです。

そういうときに、あなたをグッと引っ張り上げてくれる力が韓国語能力試験(TOPIK)なんです。

試験は級によって分けられているので、少しずつ力がアップしていくことを実感できるのも良いことです。試験合格まであと少しだったとか、試験に合格したとかで、次の試験が待ち遠しくなり、学習意欲が湧き、学習が楽しくなってきます。

検定試験と言っても、重く考えずに、自分の目標として楽しく活用していけば良いのです。

韓国語の検定試験は2つ

1つはハングル検定、もう1つは韓国語能力試験(TOPIK)です。

ハングル検定

日本の大学の先生方が集まって作っている検定試験です。日本人が韓国語学習するポイントが主に集められていて、日本国内だけで実施されているものです。

韓国語能力試験(TOPIK)

韓国の文部科学省にあたる機関が作っていて、どの国でも同じ問題が使われています。ですので、何級合格というのが国際的に通用します。

目標設定にぴったり

韓国語を学習する入り口はそれぞれ様々ですが、学習に意欲が湧いてきたときに、この検定試験を活用すると学習のさらなる飛躍に大いに役立ちます。

学習のリズムづくりができる

検定試験は日程が決まっています。3か月先、半年先を見据えて、毎日コツコツと学習するリズムが作れます。良い習慣ができ、生活にもハリがでます。

学習の仕方

過去問

過去問を学ぶことが最大の学習方法です。TOPIKはインターネット上でもたくさん公開されいています。

模擬問題

過去問をやりながら、模擬問題をやってみるのも良いでしょう。

学習のポイント

過去問や模擬問題をたくさん解くことです。過去問10回分をやり込むことだけでも非常に力になります。

TOPIK対策用のノートを作る

  • いつまでどれだけやるのか。
  • 自分がやったことを書いていく。
  • わからなかった単語を書き出す。

自分だけの試験対策ノートを作ると、あなたの勉強の励みになるでしょう。

少し難し目の問題に挑戦する

ちょっと難しいなぁと思う問題に挑戦すると、分からない単語や表現が出てきます。ひとつひとつ潰していくことで大きな力になります。

何からやって良いかわからない場合は?

TOPIK対策は、まず第1に「聞き取り」です。

まずは聞き取りを入口にした学習から始めてください。聞き取りの学習というのは、聞き取って終わりではなく、聞き取ったものを音読することです。

聞き取りは読解に転化します。

聞き取り問題で答えが合っていた、間違っていたということではなく、スクリプト全体を理解すること、繰り返し音読することがとても重要です。

聞き取りの問題を入手し、音声を入手し、聞き取りの問題から始めていってください。

聞き取り学習法

実は「聞き取り」というのものは、学習しにくいんです。何回聞いてもわからないものはわからないということになるでしょう。

そんなときは、ミレ韓国語学院では、4BD(4色ボールペンディクテーション)という学習方法を推奨しています。

4BD(4色ボールペンディクテーション)

4BDでは、意味の切れ目で音声を切って、まずは黒で書く。

そしてもう1度聞いて、緑で書く。赤で書く。青で書く。

と、4回聞いて繰り返し書きます。

すると、前後の文脈でココが聞き取れないというところがわかってきます。

4BD学習の流れ

  1. しっかり聞いて4回繰り返し文字起こしして書く。
  2. スクリプトを見て答え合わせをする。
  3. モデル音声を聞きながら繰り返しシャドーイングする。
  4. シャドーイングをしたら音読をする。
  5. 音読をしたらシャドーイングする。
  6. 4と5を横断的に学習する。

回数に関する質問をよくお受けしますが、1つのスクリプトに対して50回です。これくらいやると、このスクリプトに関しては聞いたらすぐに理解できるようになるでしょう。こうして力をつけていきます。

シャドーイングと音読の学習法はこちらを参照してください。

シャドーイングの正しい活用方法

韓国語は発音の変化がたくさん

韓国語は発音変化がたくさんあります。目で見たらわかる単語も、実は耳で聞いたらわからないというものがたくさんあります。では、なぜわからないのかという自覚を持つためにも4BDでの学習法はとても有効です。

4BD用のノートを作る

4BDでの学習にもノートを作りましょう。答え合わせをするときに、4色以外のペンで書き込みましょう。わからなかった単語、聞き取れなかった単語を大きくマークします。そうすると語彙が増えていきます。

音声つきの単語帳が頭のなかに出来上がってきます。

シャドーイングと音読で耳から入れる。

これを繰り返しやっていると聞き取りの力がついていきます。

聞き取れなくてもOK

TOPIKになると長くて難しい聞き取りが出てきます。
聞き取れないのをあきらめたり、へこんだりする必要は全くないのです。

聞き取れなかったらその分学習するだけです。むしろ語彙が増えて良かったということです。聞き取れなかったスクリプトは、逆に自分の大事な学習の材料になります。

 

読解力を付ける

日本語の読解力が大事。どういうことかというと、日本語で書かれていることがわからなければ、韓国語で書かれていることもわからないということなのです。

外国語学習では、わからないところにマーキングして、チェックするという習慣がつきがちです。そうすると、文章全体で何を言っているのかが捉えられていない。と、言ったことが起きがちです。

ひとつひとつの文章は訳せるけど、では、全体を通して何が書いているかわからないということです。

全体の文章をとらえる力が必要になってきます。

TOPIKの読解対策というのは、結局は日本語の読解力ということになってくるんです。

逆に言うと、読解力があると、わからない単語がいくつかあったとしても文章の流れがとらえられると、何が言いたいのかがわかるということになります。

TOPIKの読解対策(並べ替え問題・虫食い問題)

TOPIKには並べ替え問題・虫食い問題がありますが、前後の流れ、全体としてのつながりを理解しているかどうかが要求されます。

例えば、並べ替え問題の対策として、接続詞に着目し、前後の意味をとらえると正解に至ります。

読解力に自信がない方へ

小学校高学年、中学生向けの読解問題集を見ると良いです。

今見てみると大変よく理解できます。

作文の書き方

作文は苦手な人が多いですね。

TOIPKⅡになると作文が3つでてきます。

  • 穴埋め作文
  • 200字程度の中作文
  • 700字程度の長作文

TOPIKでの作文というのは、一言で言うと意見作文なんです。意見をまとめて文章にします。

TOPIK作文が苦手な理由は?

日本語で意見が言えないということが大いに影響しています。TOPIK作文は日記作文や雑記作文ではなく、意見作文です。

日記は書けても意見は欠けないという方がたくさんいらっしゃいます。

日本人が学校で自分の意見を発表するという訓練を積んでいないことが大きな理由です。

拙書の前3分の1は、ここに焦点を当てています。

TOPIK作文に取り組むことで得られること

環境・人権・教育などのテーマに対して自分なりの意見を述べるということは知的レベルが高い作業です。ですから、TOPIK作文に取り組むことで、単なる外国語学習の領域を超えて、社会を見る目をとても深めてくれるでしょう。

具体的なTOPIK作文対策は?

まず書くことです。しかし、自分の作文が合っているのか、どこを修正したら良いのかがわからないという問題にぶつかります。

作文の書き方に関して指導力がある先生に見てもらうということが、とても重要になってきます。

ミレ韓国語学院では、以下のような講座も開いていますので、ご参考になさってください。

書けない人のためのTOPIK作文講座 – ミレ韓国語学院

はじめは苦しいですが、回数を重ねるとみるみる上達していくのがわかります。

自分が書いた作文を見てもらえない環境にいる場合、TOPIK作文の模範解答を読解の問題として読んでみるということも大変効果がある学習方法です。

<hr>

生き方を変える学習

難解なTOPIKに挑戦し続けると生活にハリがでてきます。

次は何級を受けるとか、次は何点取りたいとか、漠然とした外国語学習の中に、1本の道ができます。

過去問の中には、おもしろい題材が出てきます。韓国の社会を知る。韓国人の考え方を知る。というような、大変良い材料になります。

言うなれば、TOPIKに挑戦するということは、韓国を見る目がとても深まるというとても楽しい知的冒険なんです。

3か月、半年先を目指すので、スケジュール管理あるいは人生設計につながる前を見据えた生き方を支える力になってくるんですね。

時には、学習仲間が先をいき、自分だけ寂しい思いをしたり、逆に自分だけがどんどん先に進んでしまったりと、そんなこともあるかもしれません。

どちらにせよ、学習仲間が増え、励まし合いながら、伸びていくという豊かな世界が開かれます。

SNSで学習方法を交換したり、報告したりと、自主的な学習方法をなさっているのが良く見られます。

韓国は地理的にも思想的な背景もよく似ているので、知れば知るほど日本との関連がよくわかります。

学習には紆余曲折ありますが、少しずつ毎日コツコツと勉強するということが、目標を持ったハリのある生き方になってきます。

TOPIK対策は社会を見る目が広がり、前を見据えた生き方ができるようになり、仲間との関係が深まるといった色んなプラスがあります。

ぜひ、楽しく前向きにはつらつと韓国語学習に取り組んでください。

毎日、1歩でも1ミリでも前進していきましょう。

TOPIKによって目標のある生活を!